過払い金請求3つの事例をチェック

過払い金はグレーゾーン金利での支払いを行っている場合や、長い期間にわたって借り入れと返済を繰り返している場合に発生する可能性のあるものです。実際に計算してみなくては分からない部分もありますが、もしも「借金が減る」「お金が返ってくる」と考えると一度はチェックしておきたいものです。

 

響は過払い金の事例も数多く取り扱っており、これらの実績が高く評価されています。また、無料で何度でも気軽に過払い金についての相談をすることが可能だという点も人気を集める理由のひとつです。それではどのような事例があるのか見てみましょう。

 

完済した分の過払い金が戻ってきた

Uさんはすでに借金を完済していたのですが、過払い金があるのではないかと思い響に相談。計算してみたところA社からはおよそ60万円の、B社からはおよそ30万円の過払い金があることが分かりました。特に金額が大きかったA社は裁判を行い過払い金を回収しました。「過去のことだからもう返ってくることは無い」と思っていたUさんは「ボーナスが出たと思って買い物に使いたい」とのことです。

 

借金が無くなって過払い金が戻ってきた

複数のキャッシング会社から借り入れを行っていたKさん。取引期間が7年から17年とかなり長い期間にわたって借り入れを続けていました。いくつかのキャッシング会社が過去にグレーゾーン金利を適用していたため過払い金の請求に成功。全体でおよそ200万円もの過払い金の返戻に成功しました。また、同時に現在の借金もチャラになっています。

 

過払い金はなかったけれど毎月の返済を減らせた

法定利息内の借り入れだったGさんは過払い金の返還は難しいと判断されましたが、任意整理を行うことによって借入金額の減額に成功。また、月々の返済額も小さくすることができたので毎月の生活費に余裕を持たせることができました。

弁護士法人・響では不安という方は、業界でも信頼性抜群の『街角法律相談所の匿名無料診断』をまずは行ってみよう!!

こんな悩みはありませんか?


オンライン減額診断



公式ページはこちら